彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

インドの魅力をぎゅぎゅっと濃縮

ぎゅぎゅっとインド

ぎゅぎゅっといんど

鈴木 博子著  

すずき ひろこ  

tr/インド旅行記

ISBN4-88392-537-4 C0026 344頁
(ISBN978-4-88392-537-7)

発売2006-04-21 四六版

定価1620円(本体1500円+税)

ぎゅぎゅっとインド

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
東京都出身。
インドをはじめ、アジアとアジアのご飯をこよなく愛するフリーライター。
ここ数年は1年の半分をアジアで過ごし、帰国後は日本で働く生活を続けていたが、2003年7月、アジアから中東まで1年4カ月10日に及ぶ人生史上最長の旅へ出発。帰国後も暇を見つけてはインド通いに励んでいる。
著書に「スロウなアジア」(小社刊)、「タイの屋台ゴハン」(ピエ・ブックス刊)がある。

著者ホームページ
「旅とパンのスロウな日々」

[内容]
「インドに行けば人生観が変わる!」
よく言われるセリフだけど、それって本当?
インドといったら、「怖い」「汚い」「暑い」なんていう悪いイメージが沸きやすいかもしれない。しかし、それと同時に「神秘的」という言葉も思い浮かぶはず。
インドを1度は覗いてみたい。でもどうしても躊躇してしまう……、そんな人に読んでほしい1冊!
7回も渡印し、北インドから中央・南インドまでを歩き倒した著者が贈るインドの魅力。
この本を読めば、誰もがインドに行きたくなる!

[目次]
・サイババのアシュラムにて(プッタパルティ)
・ガンガー沿いの洗濯屋(バラナシ)
・ガンジャおやじ(バラナシ)
・ヒンディ語を習う(リシケシュ)
・ガンガーをさかのぼる(ガンゴートリー~ゴームク)
etc