彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

ゴミ屋敷主人、ドラッグ売人、戦争取材人……裏の住人の

アウトローたちの履歴書

アウトロータチノリレキショ

石原 行雄著  

イシハラ ユキオ  

裏の住人の素顔に迫る

ISBN4-88392-566-8 C0036 256頁
(ISBN978-4-88392-566-7)

発売2006-11-30 四六版

定価1404円(本体1300円+税)

アウトローたちの履歴書

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
文筆業。
ノンフィクションを中心に執筆。
ドラッグ・売買春の現場から戦場まで、多くの海外危険地帯取材を敢行。これまでに訪れた国と地域は、米軍空爆下のアフガン国境、北朝鮮、イラク、被災後のスマトラ島・バンダアチェを含め、約四十ヶ国。
著書に『本当に買える海外通販アイテム大全』『アジア売春街と麻薬地帯体験記』(ともにデータハウス刊)。また、覚醒剤常習から社会復帰を果たした阿佐見玲子の手記『お母さん、ごめんね』(幻冬舎刊)の企画・構成など、プロデュース作品も多数。

[内容]
踏み外す理由は様々だが、いずれにしても、道徳を破ったり、法を犯したりすれば、その先には相応の、“報い”が待っている。
後ろ指を指されて生き辛い生活を余儀なくされたり、法の裁きを受けたり、場合によっては、身体の一部や生命を失ったりするかも知れない。
それにもかかわらず、道を踏み外さずにはいられない者がいる。リスクを承知の上で、あえて踏み外す者もいる。
本書は、そんなアウトローたち二十人に迫ったものである。
メディアではこれまで表面的にしか報じられてこなかった(あるいは完全にベールに包まれてきた)裏世界の住人たちに取材を重ね、ベールの裏にある“素顔”を切り取った。