彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

信じていたらウソだった!常識の“新”常識

知ったかぶりで恥をかく常識のウソ
Special Edition

シッタカブリデハジヲカクジョウシキノウソ

常識のウソ研究会編  

ジョウシキノウソケンキュウカイ  

ISBN978-4-88392-675-6 C0100 192頁

発売2009-01-27 文庫版

定価617円(本体571円+税)

知ったかぶりで恥をかく常識のウソ<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>Special Edition</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
水戸黄門は全国を旅して歩いた
フランケンシュタインは怪物の名前
酢を飲めば体が柔らかくなる
ビールは太る……

これらはみんなウソ!

当たり前だと思っていたことは実はウソだった!?
古今東西の常識のウソ100連発!
好評既刊「知ったかぶりで恥をかく常識のウソ」が最新情報満載の新装版で登場!

[目次]
1・歴史編
水戸黄門が全国を旅したというのはウソ
稲作は弥生時代以前に始まっていた!?

2・芸術編
シンデレラの靴はガラスではない!?
フランケンシュタインが怪物というのはウソ

3・生活編
青信号は「進め」ではない
漢方薬に副作用がないというのはウソ

4・体、健康編
白髪は抜くと増えるというのはウソ
胃下垂は痩せるというのはウソ

5・食事編
ビールは太るというのはウソ
ウナギと梅干しは食べ合わせが悪いというのはウソ

6・世界編
喜望峰がアフリカ最南端というのはウソ
クリスマスがキリストの誕生日というのはウソ

7・自然編
木の年輪で方角がわかるというのはウソ
死海に生物がいないというのはウソ