彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

何が彼らを犯行に駆り立てたのか?

判決から見る 猟奇殺人ファイル

ハンケツカラミル リョウキサツジンファイル

丸山 佑介著  

マルヤマ ユウスケ  

バラバラ殺人、人肉嗜食、一家皆殺し…

ISBN978-4-88392-718-0 C0195 224頁

発売2009-12-22 文庫版

定価637円(本体590円+税)

判決から見る 猟奇殺人ファイル

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1977年生まれ。ノンフィクションライター。
大学院まで考古学を専攻するが、まともに食っていける世界ではないと、研究者コースから離脱。日雇い派遣や測量会社、出版社勤務を経て現在に至る。
取材・執筆分野は猟奇殺人、裏社会、都市伝説、古代遺跡の盗掘や遺物の贋作など多岐に渡る。
著書に『図解 裏社会のカラクリ』『裏社会の歩き方』(ともに小社刊)がある。
趣味はトレジャーハンティングと総合格闘技。

[内容]
凶悪事件の裁判は、被告人にとって生きるか死ぬかの瀬戸際である。そこでは被告人や弁護人、検察官や裁判官らによって手に汗握るせめぎ合いが繰り広げられている。
本書は、日本の犯罪史に名を残す23の猟奇殺人を取り上げ、その凄惨な内容を紹介するとともに、事件がいかにして裁かれたのか、法廷での戦いにも注目してまとめたものである。
ひとがひとを殺すとき、そこにはひとつの尺度では測ることのできない事情がある。殺人者はどのようにして罪を犯し、そしてどのようにして裁かれたのだろうか。