彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

すべては「思い」から始まる――

松下幸之助が今の時代に伝えたいこと

マツシタコウノスケガイマノジダイニツタエタイコト

宮本 直和著  

ミヤモト ナオカズ  

経営の神様が教える仕事に一番大切なこと

ISBN978-4-88392-837-8 C0095 192頁

発売2012-01-17 四六版

定価1296円(本体1200円+税)

松下幸之助が今の時代に伝えたいこと

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
山口県生まれ。昭和四十六年に、国家公務員教育上級甲種合格し、翌年高知大学卒業。大阪教育大学大学院修了。大阪市立大学医学部非常勤講師(教育学担当・附属高看)、文部省海外派遣教員(バンコク日本人学校、昭和五十九年度)、約10年間にわたり国立教育研究所研究協力委員(「理科、算数・数学に関する長期追跡研究」担当)を歴任する。 昭和五十一年より、追手門学院に勤務し、追手門学院大学教育研究所員等を兼務する。 
【著書・論文】
日本図書館協会選定図書『生活リズムによる教育の実験』(編集出版センター)
日本図書館協会選定図書『バンコク日本人学校のマンダラ体験記』(三晃書房)
その他、『奇跡の生活リズム教育法』(PHP研究所)、共著として『「心」の教育実践大系』(全十巻、日本図書センター)『学びのスタイル』(玉川大学出版部)
「生活リズムの教育」『教育と医学』(慶応義塾大学出版会)『アジアの何を見るか』(古今書院)等。
尚、松下幸之助氏を「道徳副読本」(日本文教出版)に執筆し、朝日、産経、奈良新聞、『花も嵐も』(山河社)等に紹介される。

[内容]
昭和40年頃、京都セラミックを立ち上げたばかりの稲盛和夫氏は、その日だけ仕事を休んで、松下幸之助氏による「ダム式経営」の講演会に駆けつけた。
講演の後、ひとりの社長が質問した。
「ダム式経営が重要だということは理解できた。しかし、その余裕を持つためにはどうすれば、いいのか。それを教えていただきたい」
それに対する松下幸之助氏の答えに、多くの聴衆は失望した。
しかしこのとき、稲盛和夫氏だけは、松下幸之助が言わんとしたことを理解した。