彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

平凡な日常に潜む悪魔の笑い声

現代日本のテレビでは放送できない話

ゲンダイニホンノテレビデハホウソウデキナイハナシ

山口 敏太郎著  

ヤマグチ ビンタロウ  

現代日本に迫る26のリアルな危機

ISBN978-4-88392-878-1 C0095 224頁

発売2012-08-24 B6版

定価566円(本体524円+税)

現代日本のテレビでは放送できない話

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
作家、オカルト研究家、漫画原作者。
徳島県出身、1966年生まれ。神奈川大学経済学部卒、放送大学院にて修士号取得。
主な著作「小さいおじさん」(東邦出版)「山口敏太郎の都市伝説」(河出書房)、「オカルト博士の妖怪ファイル」(朝日新聞出版)「是非に及ばず」(青林堂)など。本作は108冊目。
テレビ出演は「ビートたけしの超常現象Xファイル」(テレビ朝日)、「上沼恵美子・高田純次のクギズケ!」(読売テレビ)、「有吉AKB共和国」(TBS)、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)、「おはスタ」(テレビ東京)、「未確認思考物隊」(関西テレビ)、「クマグス」(TBS)などテレビ・ラジオ出演歴は300本を超える。オカルト無料アプリ「オカルト黙示録」が14万DLの人気、webラジオ「山口敏太郎の日本大好き」も配信中。
本書並みのヤバイ極秘情報満載のメルマガ「サイバーアトランティア」も好評。

http://foomii.com/00015/

[内容]
我々が日頃、情報源として触れているテレビや新聞で伝えられるのは、ごく表面的な出来事であり、当たり障りのない話題ばかり。当然のことだが、政府・与党に都合の悪いニュースは流れないものだし、著名人であれば権力を使って隠蔽する場合もある。しかし、現代日本はそんな事情とは裏腹に、実は様々な危機をはらんでいる。本書はそんな〝リアルにヤバイ〟事柄を26個収録。

[目次]
1章 日常に潜むヤバイ話
2章 日本の外国の危ない話
3章 テレビでは放送できない 陰謀・都市伝説
4章 現代日本の脅かす様々な危機