彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

貧乏になると、こんなことが起こる― 衝撃の貧乏生活ル

ビンボーになったらこうなった!

ビンボーニナッタラコウナッタ

橋本 玉泉著  

ハシモト ギョクセン  

キミは〝本物の貧乏〟を知っているか!?

ISBN978-4-88392-975-7 C0195 192頁

発売2014-02-25 文庫版

定価637円(本体590円+税)

ビンボーになったらこうなった!

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1963年、横浜市出身。トラック運転手、学習塾の時間講師、コンビニ店長、経営実務資料の編集、販促ツール等の営業、フリーペーパー記者、派遣労働者、夜間工場内作業員など数々の職業を経験。
91年からフリーライターとして活動開始。歴史や世相、庶民生活などといったジャンルのほか、企業関係や事件・犯罪に関するテーマも手がける。現在、肉体労働系の仕事と平行して執筆業を続けている。
ウェブサイト「メンズサイゾー」「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」などにも記事を執筆。著書『色街をゆく』『怪しい広告潜入記』(彩図社)、『仮面の消費者金融』(鹿砦社)など。

[内容]
筆者の貧乏生活や、筆者が考えていることについてまとめたものが、本書である。
とはいえ、テレビで放送している「大家族特集」のように、派手な事件が起こるわけでもなく、さらに「節約術」が学べるような内容でもない。
しかしその分、「リアルな貧乏生活」が垣間見られると思う。
貧乏になると、どんなことが起こるのか。貧乏になると、どんなことで困るのか。貧乏になると、どんなことに腹が立つのか――。
筆者の暮らしを通じ、それが少しでも伝われば幸いである。(「はじめに」より)

[目次]
第1章 ビンボーライフの日常
第2章 ビンボーと支払い・借金
第3章 ビンボーライター、物申す!