彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

これが本当の底辺労働だ!

今日から日雇い労働者になった
日給6000円の仕事の現場

増田 明利著 

マスダ アキトシ 

今、失業したらこんな生活が待っている…

ISBN978-4-8013-0025-5 C0195 224頁

発売:2014-09-10 判形:文庫 4刷

本体619円+税(税込669円)在庫あり

(在庫は2017/05/29の状況です)
2863(402)0:2461

今日から日雇い労働者になった<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>日給6000円の仕事の現場</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
昭和36年生まれ。昭和55年都立中野工業高校卒。
ルポライターとして取材活動を続けながら、現在は不動産管理会社に勤務。
平成15年よりホームレス支援者、NPO関係者との交流を持ち、長引く不況の現実や深刻な格差社会の現状を知り、声なき彼らの代弁者たらんと取材活動を行う。
著書に「今日、ホームレスになった」「今日、ホームレスになった―平成大不況編―」「今日、派遣をクビになった」「本当にヤバイ就職活動」「今日、会社が倒産した」(いずれも彩図社)、「不況!! 東京路上サバイバル ホームレス、28人の履歴書」(恒友出版)、「仕事がない!―求職中36人の叫び」(平凡社)がある。

[内容]
ベストセラー「今日、ホームレスになった」の著者が、体を張って日雇い労働の世界をリポート。
1万円のタネ銭を持ち、日雇い労働&宿なし生活を1ヶ月間、敢行した。
ホームレス、ネットカフェ難民、日雇い労働者……。
彼らはどのような生活を送り、なにを考えているのか?
現代日本の暗部をえぐる骨太ノンフィクション。