彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

東京の中のアジアを歩く

東京のディープなアジア人街

河畑 悠著 

カワハタ ユウ 

錦糸町、池袋、高田馬場、竹ノ塚…

ISBN978-4-8013-0029-3 C0026 240頁

発売:2014-09-25 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2017/07/21の状況です)
1146(976)0:170

東京のディープなアジア人街

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
ライター・編集者。
1979年生まれ。学生時代にアジアの魅力に取り憑かれ、バックパッカーとしてアジア全域を旅する。大学卒業後、業界紙記者や情報誌の編集などを経験。現在はアジア関連をテーマとするライターとして活動中。
好きな場所はタイのバンコク。
タイ料理やゲテモノ料理の食べ歩きがライフワーク。

[内容]
途方もないモノとヒトが集まる、世界有数のメガシティ「東京」。
この街には、母国を離れて暮らすアジアの人々のコミュニティー
が存在している。
タイマッサージ店やタイ料理屋が密集する“リ
トル・バンコク”墨田区錦糸町、弾圧を逃れて日本にわたった人々
が暮らす“リトル・ヤンゴン”新宿区高田馬場、通りを歩けばス
パイスの香りが漂う“リトル・デリー”江戸川区西葛西……。
東京のアジア人街はいかにして生まれたのか。
また、人々はその街でどのような暮らしをしているのか。
地元の人々が集まるディープなスポットを訪ね歩き、東京のアジア人街のいまに迫る!