彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

仏教に学ぶ複雑な社会を楽に生きるコツ

お坊さんが教える わずらわしい人間関係が楽になる方法

鳥沢 廣栄著 

トリザワ コウエイ 

人間関係に悩んだときはこれさえ読めば大丈夫

ISBN978-4-8013-0052-1 C0095 192頁

発売:2015-01-23 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫あり

(在庫は2017/06/23の状況です)
1696(560)0:1136

お坊さんが教える わずらわしい人間関係が楽になる方法

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1961年生まれ、岐阜県出身。
理系の大学へ入学するも、4年生のはじめに退学。
その後、高野山大学文学部密教学科へ編入。
卒業後、岐阜に戻り、法恩院の住職となる。
檀家のない寺で、主に相談事、悩み事などを聞く毎日を過ごしている。
著書に『超訳 仏教の言葉』『お坊さんが教える「イライラ」がスーッと消える方法』(彩図社)がある。

[内容]
職場の怖い上司や近所の口うるさいおばさん、自分勝手な友人、さらには気弱な自分など、大勢の人が人間関係にわずらわしさを感じて疲れています。
そうした人間関係の原因は、「こだわり」にあると仏教では考えます。人、モノ、金、地位など、あらゆるものにこだわることで、疲れがたまってしまうのです。
本書では、その人間関係の疲れの原因「こだわり」とどう向き合っていけばいいのかを、悩み相談のプロであるお寺の住職から学びます。
実際に住職のもとへ相談に来られた方のお話を例にあげて解決法を探っていくため、具体的な人との付き合い方、自分との向き合い方、社会の捉え方が身につきます。
現代社会を楽に生きるための考え方がつまった1冊です。

[目次]
第1章 どうして人間関係に疲れてしまうのか?
第2章 他人との付き合いに疲れてしまう人が楽になる方法
第3章 自分自身に疲れてしまう人が楽になる方法
第4章 複雑な社会に疲れてしまう人が楽になる方法
第5章 楽になる仏教的な考え方
第6章 人間関係に疲れやすい人に勧める修行法