彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

外国映画に描かれた勘違い日本が集結!

映画の中の奇妙なニッポン

皿井 垂著 

サライ タレ 

こんな日本、見たことない!

ISBN978-4-8013-0060-6 C0074 256頁

発売:2015-02-24 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2017/09/20の状況です)
1009(311)0:698

映画の中の奇妙なニッポン

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1996年末からタイのバンコクを拠点に活動。
近著に、昭和のテレビ洋画劇場を振り返った『トラウマ日曜洋画劇場』(彩図社)がある。『バンコクジャパニーズ列伝』(彩図社)、『バンコクで外こもり!』(河出書房新社)など、海外での異文化体験にまつわる皿井タレー名義の著書多数。

[内容]
日本を訪れる外国人観光客は年間1000万人を突破した。2020年には東京オリンピックも開かれる。
いま、日本では“クール・ジャパン”を合言葉に日本文化を海外へ発信する動きがひときわ盛り上がっている。
しかし、その一方でいまだに日本に対して色々と間違えたイメージを持つ外国人は多い。とりわけそれが顕著に現れているのが「海外で作られた映画」だろう。
学校の給食に豪華な会席料理を登場させ、勘違い全開のニッポン像をぶちかました「ワイルド・スピード3」(2006年)、日本軍の大本営に原っぱで開戦会議をさせた「パールハーバー」(2001年)などなど、比較的最近でもおかしなニッポン像をまき散らす映画は多い。
はたして外国から見た日本の本当のイメージはどうなのか? そのイメージはどう移り変わったのか? はたまた変わっていないのか? 古今東西、数百本に及ぶ「日本が登場する外国映画」を検証し、洋画の中の奇妙なニッポン像に迫る!