彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

火炙り・獄門・石抱き・磔・・・日本で実際に行われていた過酷な拷問・処刑の数々を徹底解説!

日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史

日本史ミステリー研究会編 

ニホンシミステリーケンキュウカイ 

読んだだけで脂汗が噴き出す!

ISBN978-4-8013-0083-5 C0095 224頁

発売:2015-06-24 判形:B6 1刷

本体537円+税(税込580円)在庫あり

(在庫は2017/05/24の状況です)
427(95)0:332

日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
第一章 恐るべき拷問と処刑の数々
火炙り/斬首刑/釣責め/獄門/俵責め/磔/笞打ち/蓑踊り/三段切り/瓢箪責め/手鎖/晒し/串刺し/塩責め/釜茹で/舌切り/盟神探湯/駿河問い/奴/海老責め/木馬責め/切腹/踏み絵/臥漬け/市中引き回し/釘打ち/爪剥ぎ/絞首刑/銃殺刑 など

第二章 拷問と処刑にまつわる謎
日本ではいつ頃から拷問や処刑が存在した?/拷問は江戸時代までどんどん進化していった?/どのような罪を犯したら過酷な刑に処された?/拷問や処刑にはどのような道具が用いられた?/明治以降にも多くの拷問死や処刑者を出した事件があった? など