彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

世界204ヶ国を旅した著者だから書けた実録ルポ

独裁国家に行ってきた

MASAKI著 

マサキ 

15の独裁国家に潜入 これぞ命がけの旅行記

ISBN978-4-8013-0090-3 C0026 256頁

発売:2015-07-24 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2017/12/01の状況です)
1531(80)0:1451

独裁国家に行ってきた

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
MASAKI(マサキ)
1981年7月29日生まれ。愛知出身で札幌大学卒。
旅をしながら飯を食う方法を模索してヤフオクで現地で買い付けたものを転売するなどして稼ぎ、世界204ヶ国を回っている旅人。海外専門ツアコン、旅行ライター、雑貨アパレルバイヤー、モデル、旅行評論家などの活動を通してテレビ、ラジオなどメディア出演多数。
世界旅行の楽しさを多くの人に知ってもらうために全大陸に宿設立を計画中。この本を出版し10年後、実現しているのをお楽しみに。
『世界一周NAVI』『新世界一周NAVI』『バックパッカー新聞』『Brali』『危ロード』『拡散希望 臨時増刊号』『旅の賢人たちがつくった 海外旅行最強ナビ』『みんなの旅ごはん日記』『アジア旅行最強ナビ』などに原稿掲載。

旅が仕事世界一周BLOG worldwidehunters.com
メールアドレス globenese77@hotmail.co.jp
Twitter MASAKIWWHUNTER

[内容]
独裁国家と聞いて皆さんはどんなイメージを浮かべるだろうか。ナチスドイツのヒトラーや旧ソ連のスターリンのような冷徹な独裁者が国の富を独占し、国民の自由を奪った上でやりたい放題やっている、そういった印象を持つ方が多いだろう。
独裁国家と一口に言っても、この世の終わりみたいな国もあれば、独裁だからこそできる公共料金完全無料という日本人には夢のようなことが実現する国もある。
エボラ出血熱のニュースで騒がれているリベリア、イスラム国による日本政府への攻撃があったシリア、カダフィ政権が崩壊し新たな国づくりに動き出したリビア、ザイールが崩壊し分裂したコンゴ……。
これら全ての国を実際に訪れた旅行記を、ここに記そうと思う。日本に生きる皆さんがいかに幸せなのか、その一方で、独裁国家には備わっていて日本に欠けている部分が何なのか、この本を読んで感じていただければこれほど嬉しいことはない。(「はじめに」より)

[目次]
【法律は大統領の気分次第】トルクメニスタン
【新しい国づくりにわきたつ民衆】リビア
【鎖された独裁社会主義国家】北朝鮮
【経済崩壊! 紙幣が紙くずになった国】ジンバブエ
【厳格なイスラムの教えで成り立つ国】サウジアラビア
【賄賂と差別 アウェーの洗礼を受ける日々】ベネズエラ
【超アナログな社会主義国家】キューバ
【ソ連時代を懐古しロシアを求める国民】ベラルーシ
【規制と罰金で成功した独裁国家】シンガポール
【今だけを生きるかつての資源大国】ナウル
【賄賂を渡さなければ監獄行き】コンゴ共和国・コンゴ民主共和国
【〝世界一幸福な国〟は本当か?】ブータン
【世界で最も復興が難しい西アフリカの国】リベリア
【穏やかな中東の国がデモによって一変】シリア