彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

生理痛は「あたりまえ」 ではありません!

婦人科医が教える 誰にも聞けない生理のお悩み解決法

吉野 一枝著 

ヨシノ カズエ 

生理にまつわるトラブルや 悩み事を解消して、もっと 豊かで快適な人生を送ろう!

ISBN978-4-8013-0092-7 C0195 192頁

発売:2015-08-10 判形:文庫 1刷

本体619円+税(税込669円)在庫あり

(在庫は2017/05/22の状況です)
634(168)0:466

婦人科医が教える 誰にも聞けない生理のお悩み解決法

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
吉野一枝(よしの・かずえ)
1954年東京生まれ。産婦人科医。
高校卒業後、フリーター、コマーシャル制作の会社勤務を経て、29歳の時に医学部受験を志し、32歳で帝京大学医学部入学。
帝京大学医学部卒業後は東京大学医学部附属病院産婦人科に研修医として勤務。その後、母子愛育会愛育病院、長野赤十字病院、藤枝市立総合病院などの産婦人科に派遣勤務し、この間に、東京警察病院にて麻酔科研修を受ける。
2001年、臨床心理士資格取得。 2003年、よしの女性診療所を開院。
著書に、『母と娘のホルモンLesson』(株式会社メディカルトリビューン)、『ティーンズの生理&からだ&ココロの本―娘に伝えたい』(共著・かもがわ出版)など。
 

[内容]
毎月やって来る生理。
生理前になるとかならず肌荒れしてしまう、感情が制御できなくなる、生理中はお腹や腰、頭が痛くて辛い…など、多くの女性は生理にまつわるお悩みを持っています。
本書では、そんな生理にまつわるお悩みをお持ちの方が快適に過ごせるようになるための生活習慣や漢方、ピル(ホルモン剤)などの対処法を紹介します。
特に「ピル」を使用すれば、肌荒れや生理痛を改善するだけでなく、生理を自分の思いどおりにコントロールすることだって可能です。
ピルを使用することで、いつ妊娠するか、どのように子どもを育てるか、それとも子どもは産まないのか、といったライフプランでさえもコントロールできるようになるのです。
ピルと聞くと、「薬で生理を制御するなんて不自然」「太るから飲みたくない」「避妊薬なんか飲んだら将来妊娠できなくなるのではないか」など様々な理由から拒否反応を示される方が多いのですが、これらは全て誤解です。
断片的な情報で判断して使用しないというのはとてももったいないことです
正しい知識を身につけて生理をコントロールすれば、人生もコントロールできるようになります。
望む未来を手に入れるために、自分のことを知り、生理を知り、多くの選択肢を知って、それらを生かしていきましょう。

[目次]
Part1 あなたは大丈夫? 間違いだらけの生理の常識
Part2 いまさら聞けない生理の基礎知識
Part3 教えて! 生理トラブルの対処法
Part4 ピルで生理も人生も思いどおりに!
Part5 生理にまつわるQ&A
Part6 はじめての婦人科ガイド