彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

幕末の英雄たちの驚くべき裏の顔!

教科書には載っていない! 幕末志士の大誤解

夏池 優一著 

ナツイケ ユウイチ 

歴史の授業が教えないもうひとつの幕末史

ISBN978-4-8013-0100-9 C0021 224頁

発売:2015-09-28 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫あり

(在庫は2017/06/26の状況です)
3833(67)0:3766

教科書には載っていない! 幕末志士の大誤解

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
夏池優一(なついけ・ゆういち)
1975年、京都府生まれ。編集プロダクション、出版社勤務を経てフリーになり、執筆業へ。執筆ジャンルは多伎にわたるが、主に歴史人物や現代のリーダーたちについて研究している。著書に『日本史の大誤解 激動の近代史編』『逆境に打ち勝った社長100の言葉』『図解 一流の経営者たちに学ぶできる人の仕事術』(すべて彩図社刊)など。筆名多数あり、本書で著作は27冊目となる。執筆活動のほか、大学での特別講義、教養バラエティ番組の構成・監修なども行う。

メールアドレス:natsuike3@gmail.com

[内容]
激動の江戸時代末期に心から国を憂い、命を削り、東奔西走した「幕末の志士」たち。
江戸幕府打倒に情熱を注いだ者もいれば、最後まで守ろうとした者もいた。その熱き生き様は、今なお日本人の心を離さず膨大な映像作品や小説を通して語られ続けている。本書は彼ら幕末の志士たちの日記や手紙を紐解き、知られざる素顔に迫ったもの。歴史上のヒーローといえど、彼らもまた人間。天下国家を論じるだけではなく、家族の問題で悩まされていたり、またある者は就いた職業が自分と合わずに苦しんでいた。志士たちの等身大の実像を知れば、真の魅力に気づくことができるはずだ。

[目次]
・幕末一の英雄の虚像と実像 坂本龍馬
・人材育成の天才だった 吉田松陰
・強かったからこそ逃げていた 桂小五郎
・裕福なボンボンから革命家へ 高杉晋作
・死を恐れない名指導者だった 伊藤博文
・強面組長の意外な素顔とは 近藤勇
・風流にして柔軟な「鬼」 土方歳三
・新撰組一の使い手の虚像 沖田総司
・長生きしたから言いたい放題 勝海舟
・「西郷どん」は残酷な策士 西郷隆盛
・冷血人間ではなかった 大久保利通
・ヤブ医者から天才兵法家へ 大村益次郎
・近代法制度を作った奸賊 江藤新平