彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

知っているようで知らないモノの値段を大紹介!

誰もが気になる モノの値段

市場調査研究会編 

シジョウチョウサケンキュウカイ 

信号機、金メダル、電車、エレベータ、黒板、ライオンにゴリラ…

ISBN978-4-8013-0112-2 C0000 224頁

発売:2015-11-24 判形:B6 1刷

本体537円+税(税込580円)在庫あり

(在庫は2017/07/21の状況です)
12298(484)1247:10567

誰もが気になる モノの値段

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
夏の風物詩、打ち上げ花火。どーんという音とともに夜空に大輪の花が咲く様子は、とても風流で美しいものだ。
けれども、誰もが一度は、こう思ったことがあるのではないだろうか。
「これ、1発どのくらいの値段がするんだろう?」
雰囲気ぶち壊しとわかっていても、ついつい気になってしまうのが庶民の性というもの。恋人とイルミネーションを見に行って「これ電気代いくらかかってるのかな」などと言って、相手のひんしゅくを買ったという苦い経験をお持ちの方も、もしかしたらいるかもしれない。
こうしたレジャーにまつわるもの以外にも、私たちは日々、数え切れないほどのモノに囲まれて生活している。日頃からお世話になっていると意識しているモノから、無意識のうちに使っているモノまで、人によってさまざまだろう。
本書では、そうした意外に知られていない、だけど気になるモノの値段を118項目にわたってご紹介する。普段あまり表に出てこないものが、一体いくらするのか気になっていた人もそうでない人も、ぜひ値段を想像しながら読み進めていただきたい。

[目次]
1章 乗り物の値段
2章 スポーツ・レジャーの値段
3章 学校にあるモノの値段
4章 意外なモノの値段
5章 街中にあるモノの値段
6章 医療機器の値段
7章 職業の裏側の値段