彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

人に道を尋ねるとき、渡されたお釣りが足りないとき…これさえ覚えておけば大丈夫!

海外旅行はこの英会話100フレーズでなんとかなります

海東 鷹也著 

カイトウ タカヤ 

簡単な英会話で旅はもっと楽しくなる!

ISBN978-4-8013-0167-2 C0095 128頁

発売:2016-08-10 判形:A5 1刷

本体972円+税(税込1050円)改装待ち

(在庫は2017/10/16の状況です)
2156(-4)0:2160

海外旅行はこの英会話100フレーズでなんとかなります

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1968年神戸生まれ。
早稲田大学卒業。在学中にイギリスとアメリカの大学に留学。
現在、都内の予備校で受験英語を教えるかたわら、コミック・エッセイストとしても活躍中。
ヨーロッパやアジア諸国で味わったさまざまな体験から、とにかく「英語は通じてナンボ」という達観に至る。
語学と武道とメダカの繁殖が、趣味であり特技でもある。
著書に、「怪しい世界の歩き方」「海外では通じないおかしな〝日本人英語〟」「日本人がとっさに言えないこの英語」「みんな知ってる日本語なのに英語で言えないあのフレーズ」(すべてコミック・彩図社刊)などがある。

[内容]
手っ取り早く英語を話すには、基本となるフレーズを丸暗記するのが一番だと思います。そして、その後で文法や単語を充実させればフレーズに応用がきくようになり、やがては自由に英語を操れるようになるのではないでしょうか。
この本は、そんな基本的な英語フレーズ集です。「海外旅行を楽しみたい」という目的であれば、この100フレーズを覚えていればなんとかなるというものばかりを集めました。
全編マンガで説明しているので、これから海外旅行に行く方だけでなく、ただのんびり読書をしたい方にも楽しんでいただけると思います。
それぞれの用途に応じて、お好きなように活用していただければ幸いです。(「はじめに」より)

[目次]
第1章 入国審査編
「入国目的を聞かれたとき」「帰りのチケットの有無を聞かれたとき」「入国審査官の英語が聞き取れないとき」など
第2章 両替所編
「両替を頼むとき」「小銭もほしいとき」「渡されたお金の額が間違っているとき」など
第3章 交通機関編
「タクシーの乗り場を尋ねるとき」「急いでほしいとき」「目的地までの所要時間を尋ねるとき」など
第4章 食事編
「予約なしで入店したとき」「テーブルの上の皿を下げてほしいとき」「別々に会計したいとき」など
第5章 ホテル編
「予約がないと言われたとき」「空いている部屋があるか尋ねるとき」「ドアの向こうにいる人を確認するとき」「備品の不備を伝えるとき」など
第6章 買い物編
「店員を呼ぶとき」「商品をよく見たいとき」「色のバリエーションを聞くとき」「値引きしてほしいとき」など
第7章 観光案内所編
「街の地図をもらうとき」「街の危険エリアについて尋ねるとき」「観光スポットを尋ねるとき」など
第8章 緊急事態編
「〝トイレに行きたい〟と婉曲的に伝えるとき」「強盗にホールドアップされたとき」「〝痛い〟と言うとき」など