彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

関わり合いの必然と隠されてしまった真実

水無瀬の桜

木霊 幽邃著 

コダマ ユウスイ 

ISBN978-4-88392-598-8 C0193 128頁

発売:2007-05-24 判形:文庫 1刷

本体480円+税(税込518円)品切れ

(在庫は2017/07/21の状況です)
0(0)0:0

水無瀬の桜

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1948年10月20日、埼玉県大宮市に生れる。
著書:
1997年12月「行き行くための死」(鳥影社)
1999年7月「みずからの世界で」(新風舎)
2004年2月「夢月姫」(彩図社・ぶんりき文庫)
2004年9月「見つめる目」(彩図社・ぶんりき文庫)
2005年11月「輝ける日々」(彩図社・ぶんりき文庫)
2006年5月「走り始めた男」(彩図社・ぶんりき文庫)

[内容]
我欲の闘争として生まれる権力闘争の過程で、歴史の影に消し去られた幾多の人々。その中の一人として、文徳天皇第一皇子惟喬親王の幻影を描き出してみた。その基盤は、すべて伊勢物語(第八十二段、第八十三段、第八十五段)から解釈した。