彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

病気や体のしくみを知ることが、健康への近道

病気にならない雑学

暮らしと健康研究会編 

クラシトケンコウケンキュウカイ 

ISBN978-4-88392-613-8 C0077 192頁

発売:2007-09-21 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫僅少

(在庫は2017/05/24の状況です)
8(5)0:3

病気にならない雑学

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
ヤケドにアロエは逆効果?
漢方薬にも副作用がある?
突き指をしたら引っ張って治す?
世界のおもしろ風邪対策……etc

身近でありながら意外と知らない、健康や体のこと。
へえと驚く、健康雑学を100本収録。

[目次]
第1章 民間療法と言い伝えの雑学
・ヤケドにはアロエ?
・風邪を引いたらネギを首に巻く?
・突き指は引っ張って治す?
・火事場の馬鹿力は本当に出る? など

第2章 体のメカニズムの雑学
・人の体温の上限は?
・一重まぶたと二重まぶたの差ができるわけ
・低血圧と貧血の違い など

第3章 食べ物と健康の雑学
・ハゲにはワカメ?
・イライラとカルシウムの関係
・イワシを食べると頭がよくなる? など

第4章 予防と応急処置の雑学
・薬を飲む“食間”っていつ?
・冷湿布と温湿布の使い分けは?
・8時間睡眠は本当に健康にいいの? など

第5章 検査と病院の雑学
・視力検査のしくみ
・胃カメラとバリウムの違い
・小児科は何歳まで通えるか など