彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

歴史を変えた28の暗殺

小田 桐一著 

オダギリ ハジメ 

この世界は暗殺者が動かしている

ISBN978-4-88392-684-8 C0020 208頁

発売:2009-03-24 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫僅少

(在庫は2017/05/29の状況です)
13(13)0:0

歴史を変えた28の暗殺

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1957年、栃木県生まれ。大学卒業後、地方新聞記者を経て現在出版・編集プロダクション代表。元「編集の学校・文章の学校」講師。フリージャーナリストとして政治・経済をはじめ雑学から趣味にいたるまで、何にでも首をつっこむポリシーでさまざまな社会問題を鋭く取材、執筆活動を続けている。主な著書に「呪われた世界地図」(怪奇ミステリー研究会、小社刊)がある。

[内容]
ケネディ、ガンジー、アキノ、伊藤博文、サダト…彼らの死は、世界に大きなインパクトを与えた。
これらの暗殺によって、歴史はどのように変わったのか。もしあの人物が生きていたら、どうなっていただろうか? もうひとつの未来「アナザーフューチャー」をプラスして、28の暗殺事件の真相と影響を探る!

[目次]
1章 葬られたカリスマ

謎だらけの大統領暗殺劇…ジョン・F・ケネディ
大統領暗殺の歴史はここから始まった…エイブラハム・リンカーン
差別撤廃を叫んだ黒人運動家…キング牧師
力で差別をなくそうとした革命家…マルコムX
みずからの死によって革命を起こした男…ベニグノ・アキノ
実の甥から贈られたキスと銃弾…ファイサル国王
暗殺という暴力に倒れた非暴力主義者…マハトマ・ガンジー
外地に倒れた日本初の総理大臣…伊藤博文
殺しても殺しても死なない怪人…グレゴリー・ラスプーチン

2章 疑惑の闇に消えた命

国家によるジャーナリスト暗殺か…アレクサンドル・リトビネンコ
アメリカの影がちらつくパキスタンの首相暗殺…ベナジル・ブット
毛沢東の後継者の死の謎…林彪
親米路線に切り替えたエジプトの国王…アンワル・サダト
アメリカから見捨てられた南ベトナム大統領…ゴ・ジン・ジエム
革命の嵐に翻弄された紳士的大統領…フランシスコ・マデロ
テムズ川で「自殺」した銀行頭取…ロベルト・カルヴィ

3章 混沌を呼んだ死

ルワンダ大虐殺の口火を切った大統領暗殺…ジュベナール・ハビャリマナ
第一次世界大戦のきっかけになった暗殺劇…フランツ・フェルディナント
首相官邸で殺された総理大臣…犬養毅
オリンピックから始まった暗殺の連鎖…ワエル・ズワイテル
演説中に殺された政治家…浅沼稲次郎
親子2代で暗殺された独裁者…ソモサ1世・2世
部下の勢力争いに巻き込まれた大統領…朴正煕

4章 未遂に終わった暗殺

40以上の暗殺計画を生き延びた独裁者…アドルフ・ヒトラー
カメラの前で起こった精神異常者の凶行…ロナルド・レーガン
ミャンマーのカリスマを狙う黒い影…アウン・サン・スー・チー
暗殺オリンピックのチャンピオン…フィデル・カストロ
タリバンに狙われ続ける大統領…ハーミド・カルザイ