彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

人間太宰治が浮かび上がる。友人、家族、恋人に語った言葉。

肉声 太宰治

山口 智司編 

ヤマグチ サトシ 

肉声から浮かび上がる、“人間・太宰治”の姿。

ISBN978-4-88392-695-4 C0095 192頁

発売:2009-06-15 判形:4-6 1刷

本体1000円+税(税込1080円)品切れ

(在庫は2017/07/21の状況です)
0(0)0:0

肉声 太宰治

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
作家。同志社大学卒業。出版社勤務を経て現職。
『生まれてすみません 太宰治 一五〇の言葉』(PHP研究所)、『人生を奮い立たせる アウトロー100の言葉』『壁をブチ破る 天才100の言葉』『トンデモ偉人伝 作家編』(以上、彩図社)など著書多数。

[内容]
「太宰は実生活において自殺未遂を繰り返した。だがその一方で、実にユーモアに溢れた生活で、いつも冗談を言っては周囲を笑わせるようなムードメーカーだったことはあまり知られていない。
そして、多くのコンプレックスを抱え、自意識に苦しみながらも、太宰は人生に絶望してはいなかった。まっとうな家庭人としての生活に憧れ、自分の小説の才能を信じて、作家になるための努力を惜しむことはなかった。」
(はじめにより)

親しい友人や家族、恋人に語った言葉の数々。
そこから、太宰治の人間性が見えてくる――。

[目次]
第一章 友人の章
第二章 創作の章
第三章 死の章
第四章 自意識の章
第五章 女の章
第六章 苦悩の章
第七章 生活の章
第八章 青春時代の章
第九章 家族の章
太宰治年表