彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

テレビや新聞が報じない紛争の「真相」に迫る!

ワケありな紛争
教科書には載っていない

武田 知弘著 

タケダ トモヒロ 

なぜ人々は殺し合うのか?

ISBN978-4-88392-728-9 C0025 224頁

発売:2010-02-24 判形:4-6 3刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫僅少

(在庫は2017/05/22の状況です)
33(22)0:11

ワケありな紛争<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>教科書には載っていない</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1967年生まれ。福岡県出身。
西南学院大学経済学部中退。
塾講師、出版社勤務などを経て、2000年からフリーライターとなる。国際情勢の裏側、裏ビジネス、歴史の秘密など、世の中の「裏」に関する著述活動を行っている。主な著書に『ナチスの発明』『ワケありな国境』(ともに小社)、『ヒトラーの経済政策』(祥伝社)などがある。

[内容]
全世界でおよそ3000万人もの死者を生んだ第二次世界大戦。その終結から60余年が経ったが、現在でも世界のどこかでは戦火が上がっている。
なぜ人類は憎しみ合い、殺し合いを続けるのか?
本書では現在でも続く「アフガニスタン紛争」や「イラク問題」、「ソマリアの海賊問題」など23の紛争を取り上げ、対立する勢力のイデオロギーなどを解説。国際情勢に詳しくなくても紛争の〝ワケ〟が簡単に分かる一冊となっている。