彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

極限の環境で生きる不思議な生物…その驚異の生態に迫る!

極限世界のいきものたち

横山 雅司著/なんばきび絵 

ヨコヤマ マサシ/ナンバキビ 

灼熱の大地、凍てつく荒野、暗黒の深海…

ISBN978-4-88392-764-7 C0095 160頁

発売:2010-09-22 判形:4-6 2刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫あり

(在庫は2017/05/24の状況です)
140(105)0:35

極限世界のいきものたち

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
東京在住の動物マニア物書き。
ASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)運営委員、UMA担当。
動物全般が好きだが、特にオウムガイとゴキブリに完成された美を感じている。だが飼うならうさぎが一番だ。近年、日本のナメクジ類の分布調査が進みつつあるようで、注視している。

[内容]
雨が滅多に降らない灼熱の大地、吐く息も凍る極寒の大地、暗黒に支配された不気味な深海……、人間ならば決して生存不可能に思えるそんな場所でも、健気に、かつ、力強く生きている“いきもの”がいる。
オースラトリアの乾燥した砂漠にすむ驚異の給水能力を備えた“トゲの悪魔”「モロクトカゲ」。
全身光学迷彩の“視界から消える魚”「ムネエソ」。
南極の氷に閉ざされた海で生きる“不凍液の血を持つ魚”「コオリウオ」。
アメリカの油田に潜む「セキユバエ」……など全69の驚きの能力を持つ生物を紹介。生き物の持つ面白さ、不可思議さに迫る一冊!