彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

日当5000円の “リアル”刑務所体験ツアー

労役でムショに行ってきた!

森 史之助著 

モリ フミノスケ 

刑務所に決死の潜入取材!

ISBN978-4-88392-774-6 C0195 256頁

発売:2010-12-24 判形:文庫 2刷

本体619円+税(税込669円)在庫あり

(在庫は2017/10/16の状況です)
900(140)0:760

労役でムショに行ってきた!

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1966年大分県生まれ。琉球大学法文学部卒業後、十勝毎日新聞社(北海道)、伊勢新聞社(三重)、宮古毎日新聞社(沖縄)などで記者として勤務。主に社会部で事件取材を担当。2005年独立し、フリーランスの報道記者・番組ディレクター。ふたご座のA型、バツイチ。

取材・執筆のご依頼は下記まで
mori230★hotmail.com(★を@に)

[内容]
「労役」とはスピード違反や交通事故の罰金を払わない者を、刑務所などに留置し、罰金額に応じた労働を課す制度のこと。
元新聞記者の筆者は、埼玉県警に飲酒運転の罪で検挙され、25万の罰金を言い渡される。「25万払うくらいなら、労役で刑務所に入って、その実態を余すところなく観察してやろう」――そう考えた彼は、罰金を徹底的に踏み倒すことを決めた。
そして、晴れて(?)川越少年刑務所に留置された筆者を待っていたのは、お気楽ながらも辛い50日間だった……。

[目次]
【第1章】飲酒運転でパクられる
【第2章】ついにムショの中へ
【第3章】臭いメシの中身
【第4章】日当5000円の労役
【第5章】お気楽な雑居房の日々
【第6章】読み物と検閲
【第7章】刑務官は絶対的権力者
【第8章】おかしな房仲間たち
【第9章】ヤンチャもしたくなる
【第10章】さらば川越少年刑務所
【第11章】社会復帰に向けて