彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

究極の欲望都市バンコク、その表と裏を遊び倒す!

バンコク 裏の歩き方

皿井 タレー著/高田 胤臣著 

サライ タレー/タカダ タネオミ 

最新夜遊び情報からB級観光スポット、戦慄の裏事情まで…

ISBN978-4-88392-786-9 C0026 256頁

発売:2011-02-23 判形:4-6 2刷

本体1429円+税(税込1543円)在庫あり

(在庫は2017/09/14の状況です)
217(118)0:99

バンコク 裏の歩き方

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
皿井タレー(さらい・たれー)
1996年末からバンコクを拠点とし、韓国・香港などアジアを漂流。タイに関する著作が多いが、2010年の『バンコクで外こもり』(河出書房新社)、『ソウルの暇人』(電子書籍)が話題に。近況や連絡先は“メイドインタイランド”でネット検索を。

高田胤臣(たかだ・たねおみ)
1977年生まれ。20歳のときにタイに死体を見に来て以来、タイ好きになる。2002年からバンコク在住で、報徳堂のボランティア隊員になったり、タイ人嫁をもらったり、日本から徐々に遠ざかりつつある。ひとり言的ブログは、http://d.hatena.ne.jp/Tan-BKK/にて。

[内容]
世界中から多くの観光客が訪れる、アジア随一の歓楽街、タイ・バンコク。その目的は様々だが、なかでも多いのが、タイ特有の振り切れた特異な雰囲気を味わうため、という理由が多いのではないだろうか。
 タイ嬢が妖艶に微笑む夜の繁華街、思わず息を飲む狂気のB級観光スポット、いまだに裏で取引されている非合法ドラッグ、街の片隅に軒を連ねる危険な「スポーツショップ」などなど、日本では決して体験できないアトラクションの数々が待ち受けているからだ。
 本書はバンコクの通による裏のガイドブックである。市販のガイドブックには決っして載ることのない衝撃の「裏事情」を、濃すぎる視点で紹介。
 本書を片手に夜のバンコクにどっぷり浸るも良し、マニアも仰天する脱力B級スポットを巡るも良し、デンジャラスなバンコクのアングラ地帯に潜入するも良し……本書を読めばさらなるタイの魅力を発見できるはずだ。