彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

高貴な血にかくされた数々の陰謀を暴く

本当は恐ろしい世界の名家

歴史ミステリー研究会編 

レキシミステリーケンキュウカイ 

陰謀うずまく名家の内幕

ISBN978-4-88392-803-3 C0020 224頁

発売:2011-07-25 判形:B6 3刷

本体524円+税(税込566円)改装待ち

(在庫は2017/06/26の状況です)
1(0)0:1

本当は恐ろしい世界の名家

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
世界には、誰もが一度は名前を聞いたことのあるような「名家」がある。
優雅でセレブなイメージが強いが、その裏側には、権力を保つために奪った人命、金銭をめぐる内輪もめなど、人に知られたくない闇がうずまいている!

[目次]
1章 恐ろしい過去を持つ名家
ケネディ家…一家を襲う死の連鎖
ロックフェラー家…世界の石油を牛耳る一族
ハプスブルク家…ヨーロッパを600年以上支配した名家
ほか

2章 恐ろしい人物を輩出した名家
ビン・ラディン家…史上最悪のテロリストを生んだ家
グッチ家…有名ブランドをめぐる内紛と殺人
サヴォイア家…マフィアまがいの王子がいるイタリア王家
ほか

3章 恐ろしい仕事をした名家
オッペンハイマー家…ダイヤモンドをキャッシュの山に変える一族
ポルシェ家…ドイツの戦車をつくった名門
ティファニー家…ひそかに武器を売った商家
ほか

4章 世界に影響を及ぼす名家
サウード家…世界最大の産油国を支配する一族
栄家…中国ナンバー1の実業家一族
ヒルトン家…「ゴシップ王」の名を引き継ぐ一族
ほか

5章 名家に翻弄された人々
エドワード8世(ウィンザー家)…恋に翻弄される英国王室
ディペンドラ王子(シャー家)…ネパールで起きた王家射殺
ナポレオン7世(ボナパルト家)…「軍事の天才」の末裔
ほか