彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

ラブホテルのちょっとHでカオスな体験談!

女性経営者が明かす ラブホテルのぶっちゃけ話

阪井 すみお著/まお著 

サカイ スミオ/マオ 

現役女性経営者が見た、生々しいラブホの世界

ISBN978-4-88392-902-3 C0195 192頁

発売:2013-01-24 判形:文庫 3刷

本体590円+税(税込637円)在庫あり

(在庫は2017/11/22の状況です)
1882(123)0:1759

女性経営者が明かす ラブホテルのぶっちゃけ話

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
阪井 すみお(さかい・すみお)
北海道出身。アニメーター、ビル管理、パチンコ店員などの職業を経た後、『パチンコ裏物語』(彩図社)を出版。現在、会社員の傍ら、裏モノ系を中心としたライターとして活動中。好きな言葉は「かめを返してください!」


まお
東京都出身。短大卒業後、デザイン会社勤務を経て、某業界新聞の営業&記者となる。
サラリーマン人生の傍ら「毎日、波乗りがしたい」という夢を抑えがたく、海の近くのラブホテル・オーナーへと転身を果たすも厳しい現実に打ちのめされる日々。
心の癒しは「海の香りと波の音」。ロングボードを心から愛する熱き血潮の40代女子。

[内容]
ラブホテルを経営していると話すと、「オーナーは楽でしょ」とか「セックス産業って儲かりそうだよね」などと食いついてくる人がいる。かくいう私も最初の頃は「楽して、儲かって、ウッシッシ」と思い描いていた。
だが、オーナー兼店長としてとある海辺のラブホテルを取り仕切ることとなった私を待ち受けていたのは、己の欲望に忠実すぎるお客さまたちが巻き起こす、ちょっとエロくてカオスなトラブルの日々だった。
従業員をプレイに巻き込むお客さま、盗撮を警戒しているのか部屋中のリモコンや装飾を破壊するカップル、あまりにも○○すぎる大人のおもちゃ、監視カメラに写る覗き魔との戦い…。
本書は、欲望渦巻くラブホテルのディープな出来事と、オーナーだからこそ知り得たラブホテル業界の裏話をまとめた1冊である。

[目次]
【第1章】 ラブホテルはハプニングだらけ
【第2章】 厄介なお客さま・困った従業員
【第3章】 ラブホテルで見た怪しい出来事
【第4章】 ラブホテルの裏事情
【第5章】 ラブホテルにまつわる怖い話