彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

その驚くべき国家戦略の内幕に迫る!

大日本帝国の国家戦略
なぜ日本は短期間でアジア最強になったのか?

武田 知弘著 

タケダ トモヒロ 

大日本帝国はなぜ世界の強国になれたのか?

ISBN978-4-88392-929-0 C0020 256頁

発売:2013-05-23 判形:4-6 5刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2017/12/01の状況です)
703(86)600:17

大日本帝国の国家戦略<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>なぜ日本は短期間でアジア最強になったのか?</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1967年生まれ、福岡県出身。
西南学院大学経済学部中退。塾講師、出版社勤務などを経て、2000年からフリーライターとなる。裏ビジネス、歴史の秘密など、世の中の「裏」に関する著述活動を行っている。主な著書に『ナチスの発明』『戦前の日本』『ワケありな紛争』(以上彩図社)、『ビートルズのビジネス戦略』(祥伝社新書)、『織田信長のマネー革命』(ソフトバンク新書)がある。

[内容]
大日本帝国はひとつの壮大な国家戦略だった――。
明治維新から50年で、世界屈指の軍事力を手に入れた大日本帝国。
誕生からわずかな期間で、清を倒してアジア最強の国となり、世界最強の陸軍国だったロシアをも打ち破ぶることができたのは、大日本帝国がある明確な戦略にもとづいて作られた国だったからだ。

資金がなく、科学技術がなく、経済力もなかった日本が、いかにしてアジア最強の座へとのぼりつめたのか。

国家体制の変革、経済の変革、領土の攻防、そして軍制改革まで……。『ナチスの発明』『教科書には載っていない 大日本帝国の真実』の武田知弘が、その壮大な国家戦略の秘密に迫る!