彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

かつての魔都は、今も魔都だった…

上海 裏の歩き方

西谷 格著 

ニシタニ タダス 

偽ブランド市場から、プロパガンダ博物館、ノーパンしゃぶしゃぶまで

ISBN978-4-88392-949-8 C0026 256頁

発売:2013-09-25 判形:4-6 1刷

本体1429円+税(税込1543円)在庫あり

(在庫は2017/08/21の状況です)
312(164)0:148

上海 裏の歩き方

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
西谷格(にしたに・ただす)
1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学卒業後、地方新聞の記者を経てフリーライターになる。2009年から上海に渡り、現在は日本で発行されているニュース週刊誌を中心に活動中。日本社会をゆるくする「日本ゆるやか党」代表。

[内容]
19〜20世紀にかけて欧米各国から流入したさまざまな文化や人種が入り混ざり、魑魅魍魎とした様子から上海は「魔都」と呼ばれていた。金融街には高層ビルが立ち並び、街中に地下鉄網が張り巡らされている現在の姿からは想像もつかないことだろう。
だが、上海は、未だにその裏に魔性を隠している。
裏寂れた小屋の一角で春をひさぐ女たちや、路上で食用ガエルを素手でさばく男、クラブの入り口で通行人に「マリファナ?」とそっとささやくイラン人やウイグル族の男たち。表の観光地から一歩踏み出せば、日本では到底触れることの出来ないような混沌とした空間が広がっているのだ。
そんな「魔都」をめぐる裏のツアーにご案内しよう。

[目次]
第1章 上海 夜の歩き方
上海版キャバクラ「KTV」/激安フーゾク「ピンク床屋」/不健全なサウナ…など

第2章 上海 アンダーグラウンド
デモ見学/闇スロット/上海物乞い百景/実弾射撃体験スポット…など

第3章 上海 B級ガイド
パクリ遊園地「錦江楽園」/「南京大虐殺記念館」/ニセブランド品の市場…など

第4章 中国人民の素顔
幼児の洋服は股間に謎の切り込み/自由奔放すぎる公園でのすごし方…など

第5章 旅のお役立ち情報
ヘビ鍋と牛の陰茎が食べられる料理店/一番オトクな両替方法…など