彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

「軍隊」にまつわる99の謎を徹底解説!

世界の軍隊99の謎

世界の軍隊研究委員会編 

セカイノグンタイケンキュウイインカイ 

各国軍と自衛隊の実力から、戦争・兵器にまつわる雑学まで

ISBN978-4-88392-953-5 C0031 224頁

発売:2013-10-24 判形:B6 3刷

本体524円+税(税込566円)在庫あり

(在庫は2017/11/22の状況です)
1603(367)471:765

世界の軍隊99の謎

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
第1章 米・中・韓・朝・露――日本に身近な外国軍の謎
・「現状世界最強」のアメリカ軍の弱点とは?
・中国が海軍を強化している背景にある「列島線戦略」とは?
・周辺国家に緊張を与え続ける北朝鮮軍の特徴とは? など

第2章 あの国はどのくらい強い? 世界の軍隊の実力・特徴の謎
・イタリア軍が「とても弱い」といわれてしまう理由とは?
・「兵数の多さだけが取り柄」は過去の話 インドは軍事大国になりつつある?
・タイ軍では「くじ引き」で徴兵されるかどうか決まる? など

第3章 「必要最小限の実力組織」? 日本を守る自衛隊の謎
・そもそも自衛隊とはどのような組織なのか?
・外国軍と比較して見える自衛隊の特徴とは?
・もしも他国が攻めてきた場合 自衛隊は日本を守れるのか? など

第4章 歴史的な戦争からハイテク兵器まで 戦争と兵器の謎
・朝鮮戦争が再開してしまったら勝つのは韓国か北朝鮮か?
・アメリカが湾岸戦争に参加した「裏の理由」とは?
・人工衛星から金属棒を降らせて攻撃 未知の宇宙兵器「神の杖」とは? など

第5章 意外と知らないことも多い? 軍隊にまつわる雑学の謎
・世界各国にはどのような「同盟」が存在するのか?
海に面していない「内陸国」にも海軍が存在する理由は?
・最近では戦争も「民営化」が進んでいる? など