彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

今こそ考えなければならない問題を新進気鋭の学者が解説

だから、改憲するべきである

岩田 温著 

イワタ アツシ 

全日本人必読の書!

ISBN978-4-88392-961-0 C0032 192頁

発売:2013-12-09 判形:新書 1刷

本体1000円+税(税込1080円)在庫あり

(在庫は2017/08/18の状況です)
271(55)0:216

だから、改憲するべきである

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
昭和58年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大学大学院修了。現在、秀明大学学校教師学部専任講師。専攻は政治哲学。著書に『だから、日本人は「戦争」を選んだ』(オークラ出版)、『政治とはなにか』(総和社)、『逆説の政治哲学』(ベストセラーズ)等がある。

[内容]
中国による防衛識別圏の設定、尖閣諸島問題や竹島問題……。
日本をめぐる世界情勢は厳しさを増す一方である。
平成24年に自民党が「憲法改正草案」を発表し、その後、憲法改正に意欲的と見られる安倍内閣が発足。
現在、憲法に対する国民の関心は非常に高まっている。
「憲法第9条」「集団的自衛権」「押し付け憲法論」「第96条改正問題」など、憲法にまつわる議論は多岐にわたる上、感情的な意見が出やすい傾向があり、まともな議論を行うことは簡単ではない。
そこで本書では、NHKで憲法論を説いた新進気鋭の学者が、日本国憲法の抱えている問題点や矛盾点をやさしく解き明かし、時代に合っていない部分を少しずつ変えていくべきだと解説する。
今のままの日本国憲法で、近隣諸国と多くの問題を抱える日本が生き残っていくことはできるのか?
「改憲・護憲」を考える前に読んでおきたい1冊。

[目次]
●現在の第九条では在外邦人を守ることができない
●強大化する中国に対応できるのか?
●アメリカは九条改正をどう考えているのか?
●天皇を人質にとり強制された日本国憲法
●マッカーサーが憲法の強制を焦った理由
●五九条を変えて、ねじれ国会を解消するべき
●天皇は「元首」にするべきなのか?…など