彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

アジアの小国が、黒船来航からわずか50年で大国ロシアを倒すまでに拡大できた理由とは?

大日本帝国の謎
歴史の授業で教えない

小神野 真弘著 

オガミノ マサヒロ 

大日本帝国とは、何だったのか?

ISBN978-4-88392-968-9 C0095 224頁

発売:2014-01-24 判形:B6 3刷

本体524円+税(税込566円)在庫あり

(在庫は2017/06/23の状況です)
2729(545)1000:1184

大日本帝国の謎<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>歴史の授業で教えない</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
小神野真弘(おがみの・まさひろ)
1985年生まれ。日本大学藝術学部卒。
ライター、フォトグラファー。
主にアジア、アフリカ、南アメリカの社会問題や歴史をテーマに取材・撮影・執筆を行う。
著書に「スラム 世界のスラム街探訪」(彩図社)がある。

[内容]
軍部の暴走で戦争に突入。途中までは連勝街道を驀進し他国
を圧倒したものの、アメリカに追い詰められ、特攻もむなしく
玉砕……学校で習う「大日本帝国」のイメージはこのようなもの
ではないだろうか?
だが、なぜ「大日本帝国」は、侍が支配するアジアの小国から、
世界有数の軍事大国へと変貌を遂げることができたのか? 改
めて考えてみると、「大日本帝国」には多くの「謎」がある。
● なぜ、大国を相手に戦争に勝ち続けることができたのか?
● 明治維新という大改革のおかげで植民地化から逃れられた?
● 日本の富の半分を掌握していた「財閥」の悲喜とは?
● 覚せい剤が流行? カレーにカエル? 雑誌でキスを推奨? 大
日本帝国の国民の意外な生活とは?
● 人工国家「満州国」の実態は? 日本が固執した理由とは?
● アジア諸国は大日本帝国をどのように受け止めていたのか?
● アメリカとの戦いを避けることはできなかったのか?
…など33の謎から、「大日本帝国」の本質に迫る!

[目次]
【第1章】 戦争をめぐる大日本帝国の謎
【第2章】 大日本帝国の画期的な国家戦略
【第3章】 大日本帝国国民の驚きの日常生活
【第4章】 世界を牽引した大日本帝国のテクノロジー
【第5章】 大日本帝国はなぜ滅びたのか