彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

解いて強くなる120問

初心者から中級者まで楽しめる 1手・3手・5手の詰将棋

詰将棋達人倶楽部著/広瀬章人監修 

ツメショウギタツジンクラブ/ヒロセ アキヒト 

詰将棋を解いて終盤力を身につけよう!

ISBN978-4-8013-0268-6 C0076 256頁

発売:2017-11-24 判形:B6カバー付 1刷

本体880円+税(税込950円)在庫あり

(在庫は2018/05/22 10:24:31の状況です)
6439(285)35:0;6119

初心者から中級者まで楽しめる 1手・3手・5手の詰将棋

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
中島たか平
札幌市在住の短編詰将棋作家。盲点を突く究極の一手を追求している。「将棋世界」「近代将棋」「将棋マガジン」に入選歴がある。入選最長手数は「近代将棋」の詰将棋研究室に掲載された89手詰。
映画「タクシードライバー」のファンである。

猫次郎
札幌市狸小路「旅人キッチン」に拠点を置く短編詰将棋作家。塚田正夫九段の詰将棋に感銘を受け、流れるような手順の実戦型詰将棋の創作に没頭する。
忌野清志郎の熱狂的ファンである。

広瀬章人(ひろせ・あきひと)
1987年生まれ。北海道札幌市出身。
小学6年生のときに奨励会に入会し、2005年4月に早稲田大学入学と同時に四段昇段。2009年度の新人王戦で優勝。2010年度の王位戦で深浦康市王位を破り、23歳の若さで初タイトルを獲得した。現役大学生がタイトルを獲得するのは史上初の快挙だった。2014年にはA級順位戦に昇級し、八段に昇段した。

[内容]
藤井四段の活躍によって、空前のブームが到来している将棋業界。その中でも日本古来のパズルとして解いて楽しい「詰将棋」を120問集めました。
初心者でも取り組みやすい1手詰、3手詰、5手詰をセレクト。初心者から中級者まで楽しく解きながら終盤力を鍛えましょう。
監修は、人気・実力ともにトップ棋士である広瀬章人八段。