彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

今、日本人が最も知るべき サクセスストーリー

なぜ? シンガポールは 成功し続けることができるのか
土地も食料も技術も資源もない国が アジアで一番豊かな国になった理由

峯山 政宏著 

ミネヤマ マサヒロ 

アジアで一番豊かな国の右肩上がりの成長の秘訣に迫る!

ISBN978-4-8013-0278-5 C0133 256頁

発売:2018-01-18 判形:文庫 1刷

本体648円+税(税込700円)在庫あり

(在庫は2018/06/11 09:56:30の状況です)
2566(y198)t0:k0;h2368

なぜ? シンガポールは 成功し続けることができるのか<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>土地も食料も技術も資源もない国が アジアで一番豊かな国になった理由</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
峯山 政宏(みねやま・まさひろ)
1979(昭和54)年、滋賀県生まれ。
滋賀県立膳所高校、北海道大学を卒業後、シンガポール、北マリアナ連邦、アラブ首長国連邦などで勤務する。アラブ首長国連邦にいた時の経験を執筆した前著「地獄のドバイ」が大きな話題を呼び、「週刊朝日」中部日本放送(CBC)「ノブナガ」で取り上げられる。将来の夢は、沢木耕太郎先生のような偉大なノンフィクション作家になること。されど道は果てしなく長くて険しい。

[内容]
約50年前、東南アジアに1つの国が誕生した。マレーシアから分離独立した“シンガポール”である。
だが、シンガポールは、自ら望んでその独立を果たした訳ではない。資源も、産業も、軍事力も、人材も、土地も、何もないシンガポールは、マレーシアから追放される形で、無理やり独立させられてしまったのだ。
東京23区よりも少し広い程度のこの小国の前途は、余りにも多難に見えた。
だが、みなさんもご存知のとおり、現在のシンガポールは、1人当たりのGDPではとっくに日本を抜き、世界でも有数の富裕国となっている。
シンガポールはいかにして、この奇跡とも言える発展をなし遂げたのか。
シンガポール在住7年目の著者が、シンガポールのカラクリを解き明かす。

[目次]
第1章 なぜ、シンガポールは成功し続けることができるのか?
第2章 歴史から見るシンガポールが成功し続ける秘訣
第3章 シンガポールが今後も成功し続ける理由