彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

韓国在住の著者が解き明かす

韓国人が書いた
韓国の大統領はなぜ悲劇的な末路をたどるのか?

黃 成京著 

ファン ソンギョン 

暗殺、自殺、逮捕、亡命… 悲劇の原因は何なのか?

ISBN978-4-8013-0313-3 C0022 272頁

発売:2018-06-25 判形:4-6 1刷

本体1400円+税(税込1512円)在庫あり

(在庫は2018/12/11 09:56:31の状況です)
2141(y265)t0:k0;h1876

韓国人が書いた<br> 韓国の大統領はなぜ悲劇的な末路をたどるのか?

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
黃成京(ファン・ソンギョン)
1976年生まれ。韓国のソウル出身。
延世大学校政治外交学学科卒。
現在は政治・外交関連の翻訳家として働いている。

[内容]
 韓国の大統領は、任期中・任期後を問わず暗殺、自殺、亡命、本人や親族の逮捕など、悲劇的な末路をたどることが多い。経済発展を続けているはずの韓国が、なぜこのような状況にあるのか、背景にはどのような問題があるのか?
韓国に在住する韓国人著者だからこそ分かる国内事情もまじえ、政治や経済、国際事情を鋭く分析する。

[目次]
1章 国民により強制辞任させられた 李承晩
2章 部下に射殺された 朴正煕
3章 死刑宣告を受けた 全斗煥
4章 数々の罪で実刑を受けた 盧泰愚
5章 息子が逮捕された 金泳三
6章 3人の息子が逮捕された 金大中
7章 自殺をとげた 盧武鉉
8章 数々の容疑で逮捕された 李明博
9章 任期中に弾劾・罷免された 朴槿恵
10章 南北和解に邁進する 文在寅