彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

仏教の教えと13のお経がよくわかる

図解 いちばんやさしい仏教とお経の本

沢辺 有司著 

サワベ ユウジ 

知れば知るほど面白いブッダの教えと言葉

ISBN978-4-8013-0317-1 C0095 224頁

発売:2018-07-25 判形:4-6 1刷

本体880円+税(税込950円)在庫あり

(在庫は2018/12/11 09:56:31の状況です)
7390(y124)t0:k150;h7266

図解 いちばんやさしい仏教とお経の本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
フリーライター。横浜国立大学教育学部総合芸術学科卒業。
在学中、アート・映画への哲学・思想的なアプローチを学ぶ。編集プロダクション勤務を経て渡仏。パリで思索に耽る一方、アート、旅、歴史、語学を中心に書籍、雑誌の執筆・編集に携わる。現在、東京都在住。
パリのカルチエ散歩マガジン『Piéton(ぴえとん)』主宰。
著書に『図解 いちばんやさしい哲学の本』『図解 いちばんやさしい三大宗教の本』『図解 いちばんやさしい古事記の本』『図解 いちばんやさしい地政学の本』『ワケありな映画』『ワケありな名画』『ワケありな本』
『ワケありな日本の領土』『封印された問題作品』『音楽家100 の言葉』『吉田松陰に学ぶ リーダーになる100 のルール』『西郷隆盛に学ぶ 最強の組織を作る100 のルール』(いずれも彩図社)、『はじめるフランス語』(学
研教育出版)などがある。

[内容]
「お経って、なにを言っているんだろう?」
一度はそう思ったことがあるかもしれません。法事や葬式で、お坊さんが独特のリズムでお経を唱えてくれますが、聞いているだけではなにを言っているのかさっぱりわかりません。眠くなるばかりです。
「お経のことを少しでも知っていれば、興味がもてるのに」
本書は、そんな思いをもつ人のために書かれた本です。
お経は、ブッダ(釈迦)が説いた教えを記したものです。なかには難解なお経もありますが、ブッダの肉声に近い初期のお経を見ると、人生訓がわかりやすく示されていて、お経のイメージが変わるかもしれません。
お経の世界にふれることで、仏教の教えや儀式、宗派、仏像、お寺などへの興味が増すはずです。本書が、仏教をより深く理解する手助けになれば幸いです。

[目次]
第1章 仏教とお経の基礎知識

第2章 仏教の教えとは何か?

第3章 お経と日本の仏教

第4章 日本人の身近にある仏教