彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

明日と戦う〝武器〟となるビジネス書

超訳 資本論

許 成準著 

ホ ソンジュン 

一度は読みたかったビジネスマンのバイブルを超訳!

ISBN978-4-8013-0350-8 C0130 224頁

発売:2019-01-15 判形:文庫

本体694円+税(税込750円)在庫あり

(在庫は2019/01/18 11:14:31の状況です)
853(y853)t0:k0;h0

超訳 資本論

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
2000年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に『超訳 君主論』『超訳 孫子の兵法』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』『超訳 韓非子―リーダーの教科書―』(全て小社刊)、『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。

[内容]
『資本論』は我々を取り巻く世界、つまり資本主義社会の構造を解き明かした本だ。
「社会主義者」や「共産主義者」という言葉は聞いたことがあるが、「資本主義者」と名乗る人に会ったことがない。それだけ我々は、資本主義システムを意識することなく生活しているのだ。「資本主義システム」を理解することで、私たちはこの世界で生き残るための競争力を身に付けることができる。原著は難解だが、本書は論点を明快にしたため、この上なくわかりやすい入門書になっているはずだ。

※本書は、2014年6月に小社より刊行された単行本を修正の上、文庫化したものです。

[目次]
1章  そもそも富とは何なのか?
2章  価値の交換がお金を動かす
3章  資本、それはお金を稼ぐお金
4章  労働力は労働者が売る商品である
5章  資本主義システムでの労働の構造
6章  人はどうして資本の奴隷になるか
7章  人はなぜ金持ちになれないのか?
8章  技術の発達が人を幸せにしない理由
9章  資本が雪だるま式に増える理由
10章 資本が巨大になるメカニズム
11章 資本主義は恐慌から逃れられない