彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

屋上遊園地、行商、靴磨き、キャバレー…

街角の昭和遺産

河畑 悠著 

カワハタ ユウ 

昔懐かしの職業の〝いま〟を探る!

ISBN978-4-8013-0355-3 C0026 200頁

発売:2019-01-25 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2019/04/19 09:27:30の状況です)
1116(y161)t0:k0;h955

街角の昭和遺産

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1979年生まれ。大学卒業後、 業界紙記者や情報誌の編集などを経験。 現在はアジアやエンタメ関連を専門にライターとして活動中。著書に『東京のディープなアジア人街』(小社刊)。

[内容]
平成も終わりに差し掛かったいま、失われつつある風景がある……。
屋上遊園地、靴磨き、質屋、氷屋、野菜の行商、おでん屋台、駄菓子屋、チンドン屋、キャバレー、ストリップ劇場……。
かつての日本に当たり前のように存在した、そんな職業の〝いま〟を文章と写真で紹介。失われつつある昭和の記憶を記録する。