彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

かつて、城は戦場だった

知られざる名城の仕掛けと謎

歴史ミステリー研究会著 

レキシミステリーケンキュウカイ 

城攻めの戦略や武器がわかる

ISBN978-4-8013-0375-1 C0021 224頁

発売:2019-05-24 判形:B6カバー付 1刷

本体880円+税(税込950円)在庫あり

(在庫は2019/07/19 16:08:31の状況です)
2429(y177)t0:k100:s2097;j2252

知られざる名城の仕掛けと謎

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
日本の城は、武将の力の象徴であり、戦いの場でもあった。城に施された仕掛けは、攻め込んでくる敵を退け、戦いを有利に導く。そのため、武将たちはそれぞれ知恵を絞って城を建てたのだ。
本書ではそのような名城の機能を中心に、実際の合戦や武器などを、写真や図とともに紹介する。

[目次]
1章 名城の仕掛け
2章 城を落とすための武器
3章 城が舞台になった合戦
4章 城にまつわる謎・伝説