彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

日常で役立つ基本の算数力がこの1冊で身につく!

解けないと恥ずかしい
小中学校で習った算数・数学

数学研究会議編/齋田 雅彦監修 

スウガクケンキュウカイギ/サイタ マサヒコ 

小中学校で習った約230問

ISBN978-4-8013-0388-1 C0041 224頁

発売:2019-07-30 判形:B6カバー付

本体880円+税(税込950円)未刊

解けないと恥ずかしい<br> 小中学校で習った算数・数学

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「算数ってホント苦手……」
「数学なんて大人になって何の役に立つの?」

学生の頃、このようなことを友達と言い合った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
たしかに、学校のテストのような「算数・数学の問題」を日常で問われることは多くありません。しかし日々の生活は非常に多くの数字や算数・数学的要素に囲まれており、私たちはそれらと無縁ではいられないのです。
本書では、小中学校で〝確実に〟習った算数・数学の問題を約230問集め、難易度順に章を構成しています。
各単元の基礎的な問題を中心に掲載しているので、算数・数学が苦手だったという方は学び直しとして、得意だったという方は頭の体操として本書をご活用いただければ幸いです。

[目次]
1章 初級編〈小1~小6〉
◇計算問題、約数と倍数、分数、がい数、平均など

2章 中級編〈小3~小6〉
◇速さ、図形の面積・体積、割合、円・帯グラフなど

3章 上級編〈中1~中2〉
◇正負の数、文字式、一次関数、確率、空間図形など

4章 難関編〈中3〉
◇平方根、因数分解、二次関数、三平方の定理など