彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

建造費・維持費・戦費から見た戦艦大和

戦艦大和の収支決算報告

青山 誠著 

アオヤマ マコト 

金銭面から解剖すると全く新しい大和が見えてくる

ISBN978-4-8013-0391-1 C0021 208頁

発売:2019-07-25 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫あり

(在庫は2019/09/17 13:18:30の状況です)
540(y101)t0:k100:s339;j439

戦艦大和の収支決算報告

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
大阪芸術大学卒業。著書に『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社)、『戦術の日本史』(宝島社)、『金栗四三と田畑政治』(中経の文庫)などがある。ウェブサイト『BizAiA!』で「カフェから見るアジア」、雑誌『Shi-Ba』で「日本地犬紀行」を連載中。

[内容]
世界一の威容を誇った戦艦大和。これまで大和はありとあらゆる評論・創作物で取り上げられてきた。悲劇的な最期を綴ったものもあれば、開発秘話や性能を紹介するもの、そして大和が大活躍する架空戦記など枚挙にいとまがない。
しかし、これまでに表立って論じられてこなかった側面がある。それがコスト――金銭面から大和を解剖することだ。
大和の建造費は国家予算の実に4パーセントが費やされたとされる。しかし、「主砲弾一発の価格はいくらなのか?」「停泊時に消費される石油の価格はいくらなのか?」「乗組員たちの人件費は?」「建造時の秘密保持のための費用は?」「建造費の粉飾はどのようになされたか?」といったことはほとんど語られていない。
戦艦大和が兵器であった以上、コストと成果は切り離して考えることができない問題だ。そしてコスト面から読み解くことで、大和のまったく新しい姿が見えてくるはずである。

[目次]
第一章 世界最強の戦艦建造をめざした貧乏国のフトコロ事情
第二章 『大和』には建造費以外にも莫大な予算が費やされた
第三章 戦艦『大和』の衣食住 巨大戦艦の家計簿
第四章 戦艦『大和』 全戦闘の収支決算報告
第五章 戦艦『大和』 戦後の収支決算報告