彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

気になるアダルトスポットに潜入してきました!

気になる「アソコ」に行ってきた!

風俗マニアライターズ編 

フウゾクマニライターズ 

幼児プレイ、夜這い、聖水、最果てのちょんの間…

ISBN978-4-8013-0400-0 C0195 224頁

発売:2019-09-13 判形:文庫 1刷

本体648円+税(税込700円)在庫あり

(在庫は2019/09/17 13:18:30の状況です)
1165(y1165)t0:k0:s0;j0

気になる「アソコ」に行ってきた!

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
2005年頃より主宰の子門仁(しもん・じん)と四国在住のHくんぺいの2人で活動スタート。そこに亦滑訓仁(またなめ・のりひと)、河合レン(かわい・れん)、三戸玲(みと・れい)といった面々が参加。関東を中心にネットワークを駆使して全国の風俗店の情報を各媒体に執筆する風俗・アダルトカルチャー専門ライター集団として活動中。「風俗はルールを守ってこそ楽しい!」をポリシーにスタンダードからマニアックまで、あらゆる風俗店が取材対象になっている。通称F.M.W。Twitterアカウントは@fuuzoku_m_write

[内容]
行ってみたいけれども、ちょっと怖い。
世の中には好奇心を刺激してやまないオトナのスポットが存在している。
マニア垂涎の聖水プレイ、童心に立ち返る幼児プレイ、禁断の兜合わせに戦慄するニューハーフ風俗といった〝定番スポット〟から、熱気あふれるキャットファイト、知られざるアダルトグッズの制作現場、まさかの手作りだったオナホ製造工場、さらには、マニアの間で〝最果て〟と称されるちょんの間、嘘か真か隠し階にある超高級デートクラブ……。数々のアヤシイ場所に風俗ライター集団が大潜入。気になる「アソコ」の実態を生々しくレポートする!