彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

国内外で繰り広げられた諜報活動と謀略の舞台裏

教科書には載せられない 日本軍の秘密組織

日本軍の謎検証委員会編 

ニホングンノナゾケンショウイインカイ 

極秘扱いの諜報組織から陸海軍を刷新した派閥や軍人まで

ISBN978-4-8013-0401-7 C0195 240頁

発売:2019-09-13 判形:文庫 1刷

本体648円+税(税込700円)在庫あり

(在庫は2019/09/17 13:18:30の状況です)
1371(y1371)t0:k0:s0;j0

教科書には載せられない 日本軍の秘密組織

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
諜報活動や謀略を駆使して目的を達成しようとした組織や派閥が、日本軍には存在した。
インド独立工作を担ったF機関や光機関、満州を支配した関東軍、五・一五事件を引き起こした王師会など、それら組織が社会に与えた影響は計り知れない。
そんな日本軍の組織や派閥、人物を、38の項目を通じて紹介。
極秘任務を遂行した特務機関の活動や、改革を目指した陸海軍の派閥、さらにはアメリカとの情報戦に敗れた理由など、日本軍による諜報活動と謀略の舞台裏に迫る。

※本書は、2016年6月に小社より刊行された『教科書には載せられない 日本軍の秘密組織』を修正の上、文庫化したものです。

[目次]
第1章 実在した特務機関と部隊の実体
第2章 日本の歴史を動かした陸海軍の派閥と組織
第3章 極秘作戦を遂行したエリート軍人たちの素顔
第4章 知られざる日本軍の情報戦略