彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

北スペインの情報も大幅に増やしました。

プロの添乗員と行く
スペイン世界遺産と歴史の旅 増補改訂版

武村 陽子著 

タケムラ ヨウコ 

スペインの歴史を振り返りながら世界遺産を巡ります

ISBN978-4-8013-0406-2 C0026 240頁

発売:2019-10-11 判形:4-6 1刷

本体1400円+税(税込1540円)在庫あり

(在庫は2019/12/09 11:21:31の状況です)
701(y359)t0:k0:s342;j342

プロの添乗員と行く<br> スペイン世界遺産と歴史の旅 増補改訂版

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1966 年神戸市生まれ。
高校卒業後、会社員、児童英会話講師を経て、添乗員の仕事を始める。スペイン語と英語の通訳案内士でもある。
最近訪れた外国は、スペイン、カナダ、イギリス、アイルランド、ドイツ、イタリア、オーストリア、フランス、スイス、ルクセンブルク、バルト3国(リトアニア、ラトビア、エストニア)、オーストラリア、香港、ポルトガルなど。
趣味は、街歩き、スクラブル、オペラ鑑賞など。関西のスペイン、中南米の愛好家が集まる「イスパニッククラブ」代表。毎月神戸のスペインレストランにて「スペイン語を話す会」開催。

[内容]
一言で「スペイン」といっても、
イスラムの影響が色濃く残るアンダルシアや、落ち着いた風情の北部スペイン、そして独立志向の強いカタルーニャと、地方によって風景はもちろん、人々の雰囲気や話す言葉さえも異なっています。
サグラダファミリアやアルハンブラ宮殿はもちろん、美食の町サン・セバスチャンやアルタミラの洞窟、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂など、北スペインも詳しく解説しています。

[目次]
<マドリード>
・マドリード市内観光
 (王宮) 
 (スペイン広場からグランビア通りへ) 
 (サン・ヘロニモ教会と天正遣欧少年使節団) 
・プラド美術館
 (エル・グレコと黄金時代のスペイン王フェリペ2世)  
 (宮廷画家ベラスケスとフェリペ4世、マルガリータ王女) 
 (スペイン継承戦争) 
 (宮廷画家ゴヤとスペイン・ブルボン王朝) 
 (カルロス4世の家族) 
 (裸のマハと着衣のマハ) 
 (その後のブルボン家) 
・ソフィア王妃芸術センターでピカソのゲルニカを見る
・マドリード近郊の町
  エル・エスコリアル
  アルカラ・デ・エナーレス
  アランフェス
<カスティーリャ・ラマンチャ>
・トレド
  トレド旧市街観光
   カテドラル
   サント・トメ教会でグレコの最高傑作を見る
   ユダヤ人街~グレコの家博物館~サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会
   ソコドベール広場~サンタ・クルス博物館、アルカーサル
・スペインの歴史
 (ローマ時代から西ゴート時代まで)
 (イスラム教徒の支配と国土回復運動)
 (スペイン王国誕生)
 (イサベル女王とその子孫)
・ラマンチャの風車
・クエンカ
<カスティーリャ・レオン>
・セゴビア
  ローマ水道橋
  セゴビアの旧市街を歩く
  セゴビアのアルカーサル
・アビラ
・サラマンカ
・バリャドリード
・ブルゴス
<北スペイン>
・レオン
・オビエド
・アルタミラの洞窟(サンティリャーナ・デル・マール)
・バスク地方
・ビルバオ
 (ビスカヤ橋) 
 (ビルバオ・グッゲンハイム美術館)
・サン・セバスチャン
・サンティアゴ・デ・コンポステーラ
  サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
  サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂
  (ボタフメイロ)
<アンダルシア>
・アンダルシア地方
・コルドバ
  ローマ橋
  コルドバとメスキータの歴史
  メスキータ見学
  (8世紀︱アブドアルラマン1世によるメスキータ)
  (9世紀︱アブドアルラマン2世による拡張)
  (最も繁栄したアブドアルラマン3世の時代)
  (10世紀︱アルハカム2世の拡張)
  (10世紀︱アルマンソールによる拡張)
  (レコンキスタ後のメスキータ)
  (モスクの中に建てられた大聖堂)
  花の小路とユダヤ人街
・メディナ・アサーラ
・セビーリャ
  万博会場だったスペイン広場
  ムリーリョ公園からサンタ・クルス街へ
  アルカーサル
  カテドラルとヒラルダの塔
  コロンブスの航海
・ロンダ
 (闘牛士の像のあるアラメダ・タホ公園と闘牛の話)
 (ヌエボ橋とロンダの景観)
 (ロンダの旧市街)
・ジブラルタルとアフリカのスペイン領
・コスタデルソル
・ミハス
・グラナダ
  アルハンブラ宮殿観光
  (イスラム最後の王ボアブディル)
  (「アルハンブラ物語」の著者、ワシントン・アービングの部屋)
  (庭園からヘネラリーフェの離宮へ)
  (ヘネラリーフェの離宮)
  グラナダの市内観光とフリータイム
  (アルバイシンとサクロモンテの丘)
  (洞窟フラメンコ)
  (カテドラルと王室礼拝堂)
<カタルーニャ、バレンシア>
・バルセロナ
  バルセロナ観光
  (サグラダファミリア) 
  (グエル公園)
  (カサ・バトリョとカサ・ミラ)
  バルセロナのフリータイム
  (カテドラル、ゴシック地区、ピカソ美術館)
  (ランブラス通り、サン・ジュセップ市場)
  (カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院)
  (モンジュイクの丘) 
  カタルーニャの歴史
  (コロニア・グエル)
・バルセロナ近郊の観光
  モンセラット
  タラゴナ
  (円形闘技場)
  (ラス・ファレラス水道橋)
・バレンシア