彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

つなげると何が起きたかよくわかる

つなげてみれば超わかる 日本史×世界史

森村 宗冬著 

モリムラ ムネフユ 

世界の歴史は「連動」している

ISBN978-4-8013-0409-3 C0021 224頁

発売:2019-10-25 判形:4-6 1刷

本体909円+税(税込1000円)在庫あり

(在庫は2019/11/20 09:45:30の状況です)
423(y257)t0:k89:s0;j166

つなげてみれば超わかる 日本史×世界史

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1963年長野県安曇野市に生まれる。著述家。おもな著書に『義経伝説と日本人』(平凡社新書)、『歴史みちを歩く』(洋泉社)、『美しい日本の伝統色』(山川出版社)、『世界の海賊大図鑑全3巻』(ミネルヴァ書房)、『古墳のひみつ』(メイツ出版)などがある。日本経済新聞日曜版「古代ロマンに興奮 墳丘や石室を見学できる古墳10選」で、古墳選定者として関わった。

[内容]
一般的には、日本史と世界史は別のものとして扱われます。
しかし実際は、日本と世界は昔から互いに影響し合いながら進んできました。
仏教が伝わったことでヤマトの政治体制は大きく変わり、江戸時代の浮世絵はプロイセン産の顔料によって生まれ変わりました。そして、明治維新もイギリスの産業革命の影響を受けて始まったと言えます。
日本はどのような影響を世界から受けてきたのか?
逆に、日本は世界にどのような影響を与えてきたのか?
本書で、日本と世界の意外なつながりが見えてきます。

[目次]
1章 人類の誕生と発展
2章 世界の文明の発展と日本の国際デビュー
3章 軍事大国化した日本と大航海時代のヨーロッパ
4章 江戸の泰平と世界の戦乱
5章 日本の近代化と世界大戦