彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

教養として知っておきたい最古の歴史書をやさしく解説!

イラストでよくわかる 古事記の本

ミニマル著/BLOCKBUSTER著 

ミニマル/ブロックバスター 

八百万の神様たちがおりなす、壮大でユーモラスな物語

ISBN978-4-8013-0416-1 C0095 128頁

発売:2019-11-25 判形:4-6 1刷

本体909円+税(税込1000円)在庫あり

(在庫は2019/12/06 09:35:31の状況です)
363(y363)t0:k0:s0;j0

イラストでよくわかる 古事記の本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
◎ミニマル
「食」「カルチャー」から「マナー」「教育」まで、さまざまなテーマのコンテンツ制作を行っている編集プロダクション。丸茂アンテナ、萩原あとり、原航平、森美和子、瀧澤麻里絵が編集・執筆を担当。

◎BLOCKBUSTER(ブロックバスター)
デザイナー、イラストレーター、ライター、フォトグラファーなどで構成されたクリエイターチーム。書籍や雑誌記事、ウェブコンテンツの制作を手がけている。後藤亮平がイラストを担当。

[内容]
『古事記』は、今から1300年以上前の奈良時代中期に、それまで聞き伝えられていた日本の成り立ちに関する神話や天皇家にまつわる史実を、当時の学者であった太安万侶が編纂し、書き記したものと考えられています。
これだけ聞くと歴史好きの人以外は、「何だか堅苦しそう」と思うかもしれません。
しかし、『古事記』で語られる日本神話のエピソードは、実にハチャメチャながら、示唆に富んでいて、噛み砕いていくとどんどん引き込まれてしまうのです。
本書は、上・中・下の全3巻からなる『古事記』のエッセンスのほんの一部を、イラストと一緒にわかりやすく紹介することを目的としています。壮大な『古事記』の世界への入口となる入門書と位置付けていただくといいでしょう。
では、神話の世界を通して、私たちが住む日本という国を改めて知る旅に出かけましょう!

[目次]
第1章 『古事記』とは何か?
第2章 『古事記』の名場面を読み解く―高天原編
第3章 『古事記』の名場面を読み解く―地上編
第4章 『古事記』の神々を読み解く
第5章 『古事記』ゆかりの地をめぐる