彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

思わず封印したくなるような頓挫や失敗の数々

封印された国家プロジェクト

歴史ミステリー研究会編 

レキシミステリーケンキュウカイ 

巨大プロジェクトの野望と果て

ISBN978-4-8013-0433-8 C0120 224頁

発売:2020-02-10 判形:文庫 1刷

本体664円+税(税込730円)在庫あり

(在庫は2020/04/01 16:28:30の状況です)
2298(y711)t0:k0:s867;j1587

封印された国家プロジェクト

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
国家の威信をかけ、巨額の費用をかけて取り組む「国家プロジェクト」。
日本の新幹線建設やアメリカのアポロ計画など、成功したものももちろん多いが、なかには壮絶な失敗をしたり、計画中止に追い込まれているものも少なくない。
ヒトラーがドイツに作ろうとした「世界首都」、採算がとれずに赤字をたれ流し続けた「音速旅客機コンコルド」、数千万人の餓死者を出した毛沢東の「大躍進政策」など、思わず封印したなるようなエピソードを取り上げ、その野望と果てを見る。

[目次]
1章 国家が夢見た巨大建造物
2章 国家の命運を左右するビッグプラン
3章 強国になるための兵器と戦争
4章 豊かさを追求したプロジェクト