彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

SNSで話題沸騰のアンソロジー第二弾!

文豪たちの口説き本

彩図社文芸部編 

サイズシャブンゲイブ 

口説くのに必死なのは文豪たちも同じ

ISBN978-4-8013-0451-2 C0095 224頁

発売:2020-06-25 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1320円)在庫あり

(在庫は2020/09/18 11:26:30の状況です)
1417(y249)t0:k0:s1006;j1168

文豪たちの口説き本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
本書は、文豪たちの恋の顛末を、口説き文句を介して紹介する一冊です。

愛人を夢中にさせた太宰治、素直になれない中原中也、甘い口説き文句を連発する芥川龍之介、先輩詩人を熱烈に慕った萩原朔太郎、知らずに男を口説く石川啄木、思いを伝えられない梶井基次郎、身も心も捧げようとした谷崎潤一郎……。

口説き方は文豪によって千差万別です。誠実な口説き文句を伝え続けて願いを成就した文豪もいれば、気の利いたことをしたつもりが上滑りして、失恋をする文豪もいました。そんな忘れられない経験をもとに、優れた作品を生み出した文豪もいます。
口説き文句からはそうした、文豪たちの人間らしい一面を窺い知ることができます。自分が口説かれた気持ちで読んでいただくと、一層、文豪やその作品を、身近に感じることができるかもしれません。

[目次]
一、太宰治の章
二、中原中也の章
三、芥川龍之介の章
四、萩原朔太郎の章
五、石川啄木の章
六、斎藤茂吉の章
七、梶井基次郎の章
八、中島敦の章
九、国木田独歩の章
十、谷崎潤一郎の章