彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

YouTubeで体操の 動画が見られます!

ゆがみを直す 骨盤体操

宮川 眞人著 

ミヤガワ マコト 

骨盤を整えればゆがみは直る!

ISBN978-4-8013-0485-7 C0047 176頁

発売:2020-10-23 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1320円)在庫あり

(在庫は2020/10/29 10:11:31の状況です)
644(y644)t0:k0:s0;j0

ゆがみを直す 骨盤体操

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
宮川眞人(みやがわ・まこと)
1962(昭和37)年東京・新宿区生まれ。
早稲田大学第二文学部東洋文化専修卒業。
「身体論の構築と、自らの実践による証明」はライフワーク。
その研究の一環として、1998年、整体の施術所を東京・代々木八幡に開設。
現在、健昴会・FPM整体体操研究所代表。

[内容]
骨盤の動きに関しては、いろいろな人が様々な見解を述べています。そして、多くの場合、ただ股関節を柔らかくすれば良いということに終始しているように感じられます。
しかし、大きい関節、つまり、股関節や肩関節だけが柔らかくても、良い体とは言えません。目指すべき体は、単に「股関節や肩関節のみが柔らかいためにベターッと開脚できる」という状態ではないのです。
もし単に体が柔らかいことがゆがみを作らない条件であるとすれば、ヨガやバレエをやっている人は体が歪むことなく、不調も出ないことになります。しかしながら、実際はヨガやバレエをされている方の中にも、ゆがみや不調を感じている方がたくさんいらっしゃいます。
もっと違う場所に、股関節や肩胛骨の弾力を支配している場所があるのです。
(「はじめに」より)

[目次]
第1章 なぜ骨盤にゆがみが現れるのか
第2章 ゆがみを直す骨盤体操
第3章 「体と心はひとつ」の意味 ~脳疲労という問題~