彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

ノーベル平和賞の知られざる真実とは?

ノーベル平和賞の裏側で何が行われているのか?

ゲイル・ルンデスタッド著/李 敬史訳 

ゲイル・ルンデスタッド/リ キョンサ 

「世界で最も名誉ある賞」の秘密が暴かれる!

ISBN978-4-8013-0486-4 C0031 480頁

発売:2020-10-23 判形:4-6 1刷

本体2400円+税(税込2640円)在庫あり

(在庫は2020/10/29 10:11:31の状況です)
653(y653)t0:k0:s0;j0

ノーベル平和賞の裏側で何が行われているのか?

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
ゲイル・ルンデスタッド(Geir Lundestad)
ノルウェー・ノーベル研究所の所長およびノルウェー・ノーベル委員会の事務局長として、1990年から2014年までの25年間在任。歴史学の教授として、主に冷戦期のアメリカと西ヨーロッパの関係に焦点を当てた研究を行っている。著書に『ヨーロッパの統合とアメリカの戦略─統合による「帝国」への道』(河田潤一訳、NTT出版)など。

[訳者略歴]
李 敬史(リ・キョンサ)
在日朝鮮人3世。福岡県出身。情報学修士(2007年、静岡大学)。横浜で教員を務めた後、2011年よりノルウェーに留学。2015年、オスロ大学社会科学部政治学科を卒業(在籍中、2014年に交換留学生として韓国のソウル大学へ留学)。現在、トロムソ大学(ノルウェー北極大学)大学院修士課程在籍(専攻:政治学)。

[内容]
著者のゲイル・ルンデスタッド氏は、1990 年から2014 年までノルウェー・ノーベル委員会の事務局長を務めていた人物であり、受賞者を決定する会議に居合わせていただけでなく、さまざまな受賞者とコンタクトを取るなど、委員会の「秘書」としてノーベル平和賞に関するあらゆる出来事に関わってきた。
委員会はどのようにして受賞者を選んでいるのか。それぞれの受賞者はどのような人物で、何を思っていたのか。受賞者の決定は世界でどのような反応を呼んだのか。また、委員会は平和賞の決定に関して、政治的権力からの独立を強調しているが、果たしてその実情はどのようなものなのか。
ノーベル平和賞を長年見守り続けた著者が、その舞台裏の様子を暴露するとともに、元事務局長としての思いをありのままに綴る。

[目次]
第一章 ノーベル平和賞の過去と現在
第二章 一九九〇年~一九九九年
第三章 二〇〇〇年~二〇〇八年
第四章 二〇〇九年~二〇一四年
第五章 ノルウェー・ノーベル委員会に関する私見